転勤と挨拶

社会人になり、会社に所属していると、異動や転勤というものはつきものです。
所属部署が変われば、一緒に仕事をする人も変わるものです。
場所によっては、遠く離れることもあるでしょう。
簡単に出会うこともなくなってしまうのも、社会人の異動や転勤だったりするのです。


所属期間が長くなれば長くなるほど、離れるときには寂しさも出るでしょう。
そうなると、送別会を行ってもらったりすることも出てきます。
そんな時には、メッセージを送り返すことも必要になってくるのです。


逆に、新しい部署につけば、そこは全く知らない新天地のはずでしょう。
そこでは、自分のことも知らないはずですし、周りの人もわからないものです。
新しい場所だからこそ、これからお世話になるというメッセージもしていかなければいけません。


もちろん、それまでにお付き合いのあった取引先にも、ご挨拶をするべきです。
新たな部署に行くことで、お付き合いの内容も変わることがありますし、これまでお世話になったことに対して、感謝の意を伝えることは、自分がいなくなってからの取引にも影響します。


挨拶というものは、非常に重要な意味を持ちます。
軽いものもありますし、重い意味を込めて贈ることもあるでしょう。
どんなにデジタル化が進んでいったとしても、挨拶ができるかどうかは、社会人として信用にもかかわる重要な問題です。
改めて、どんな挨拶をしていくことが望まれるのかを考えておくといいでしょう。
こういったことは、いきなり考えても、なかなか出てこないものだからです。

Copyright © 2014 転勤の挨拶を学ぼう All Rights Reserved.